コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格子振動 こうししんどうlattice vibration

4件 の用語解説(格子振動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格子振動
こうししんどう
lattice vibration

結晶格子を構成している原子や分子が,それらの安定な位置の付近で行う振動で,結晶内を波として伝わる。格子振動波数ベクトルで指定される固有振動に分解される。波数ベクトルが零に近づく,すなわち長波長になると振動数が零に近づく振動は音波に相当し音響モード呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうししんどう【格子振動 lattice vibration】

固体の中では,原子はかってに動きまわっているのではなく,平衡位置のまわりで微小な振動をしている。この振動を格子振動という。固体の温度が高いということは,格子振動のエネルギーが大きく,振動の振幅が大きいことを意味している。したがって,格子振動は固体の比熱に寄与する。温度が高いとき,固体の比熱は物質によらずほぼ6cal・deg-1・mol-1(デュロン=プティの法則)になるが,これは,格子振動に対してエネルギー等分配の法則を適用して説明される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうししんどう【格子振動】

結晶格子を構成する原子が、それぞれの平衡位置の周りに行う微小振動。固体の熱運動の一種。格子振動を基準振動に分解し、量子化を行うことによって、格子振動は量子力学的にはフォノンの集まりとして扱われる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の格子振動の言及

【素励起】より

…固体中の原子は基底状態においては格子点を占めているが,励起状態ではその格子点のまわりの運動が考えられる。そのような運動のうちで,もっとも低いエネルギーをもつのは全原子が互いに一定の位相を保って振動する自由度で,これが格子振動であり,格子振動を量子化した素励起をフォノンと呼ぶ。このように,フォノンの原因は各原子の運動であるが,素励起としてのフォノンの運動形態は,原子個々の運動とはたいへん異なっている。…

※「格子振動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone