コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気泳動効果(化学) electrophoretic effect

1件 の用語解説(電気泳動効果(化学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

電気泳動効果【electrophoretic effect】

デバイ‐ヒュッケルの理論によると,電解質の希薄溶液においては,各イオンそれぞれ反対符号をもつイオンの雰囲気に囲まれていると見なせる.ある特定のイオンに着目し,これが電場中で移動することを考えると,反対電荷をもつイオンはこれと逆方向に移動しようとする.ところで電解質溶液中のイオンは溶媒和した状態にあるから,イオン雰囲気中には大量の溶媒分子があり,中心イオンとは逆方向へ移動する溶媒分子の流れが存在することになる.その結果中心イオンの移動速度は減少することになるが,これが電気泳動効果である.電荷が大きいほど,また濃度が高いほどこの効果は大きくなる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気泳動効果(化学)の関連キーワードデバイ半径弱電解質オンサガーの伝導度の公式活量係数デバイ緩和デバイ距離デバイ‐ヒュッケル‐オンサガーの式デバイ‐ヒュッケルの極限法則デバイ‐ヒュッケルの式デバイ‐ファルケンハーゲン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone