電気泳動効果(化学)(英語表記)electrophoretic effect

法則の辞典の解説

電気泳動効果【electrophoretic effect】

デバイ‐ヒュッケルの理論によると,電解質の希薄溶液においては,各イオンはそれぞれ反対符号をもつイオンの雰囲気に囲まれていると見なせる.ある特定のイオンに着目し,これが電場中で移動することを考えると,反対電荷をもつイオンはこれと逆方向に移動しようとする.ところで電解質溶液中のイオンは溶媒和した状態にあるから,イオン雰囲気中には大量の溶媒分子があり,中心イオンとは逆方向へ移動する溶媒分子の流れが存在することになる.その結果中心イオンの移動速度は減少することになるが,これが電気泳動効果である.電荷が大きいほど,また濃度が高いほどこの効果は大きくなる

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android