電気鯰(読み)デンキナマズ

大辞林 第三版の解説

でんきなまず【電気鯰】

ナマズ目の淡水魚。全長約60センチメートル。体形はナマズに似る。体色は茶褐色。頭部を除いた体の両側の皮膚と筋肉の間に発電器官があり、最大電圧は400ボルト 以上。孵化ふかした稚魚を口内に保護する習性がある。アフリカ熱帯部の河川や湖に分布。シビレナマズ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

電気鯰 (デンキナマズ)

動物。デンキナマズ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android