コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波の窓 でんぱのまどradio window

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波の窓
でんぱのまど
radio window

比較的電波の減衰が少なく,かつ雑音が低い宇宙通信に適した 1GHzから 10GHzまでの周波数帯をいう。電波は,大気圏において,100MHz以下の周波数では,電離層で反射または吸収を受けて減衰する。また,10GHzより高い周波数では大気で吸収され,雨,雲により減衰する。一方,雑音については,1GHz以下の周波数は宇宙雑音の影響が比較的大きく,10GHz以上の周波数は大気雑音の影響を受ける。しかし,近年の衛星通信の著しい需要の増加に伴い,10GHz以上の周波数帯をも使用する必要が出てきて,現在では 275GHzまでの周波数帯が国際的に割り当てられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電波の窓の関連キーワード無線通信

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android