コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波雑音 でんぱざつおん radio noise

1件 の用語解説(電波雑音の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱざつおん【電波雑音 radio noise】

無線通信において,希望する電波に混入して,受信に妨害を与える不規則で,一般的に予測不能の電波のこと。 電波雑音は,その波形に注目して,連続性雑音と衝撃性雑音に分類される。継続時間が長く,時間とともにゆるやかに変化する雑音が連続性雑音であり,これに対して持続時間の短いインパルス状の雑音を衝撃性雑音という。 電波雑音はその発生原因から分類することもある。発生源が自然界に存在するとき,自然雑音と呼び,人工物によるとき人工雑音という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電波雑音の関連キーワード基地局赤外線通信搬送波無線通信電波障害フェーディング無線局衛星波無線LAN中継機次世代無線通信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone