コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電流の磁気作用 でんりゅうのじきさようmagnetic action of electric current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電流の磁気作用
でんりゅうのじきさよう
magnetic action of electric current

電流が流れると,まわりに磁場をつくる作用。定常電流がつくる磁場について,1820年 H.C.エルステッドが定性的に見出した。定量的にはアンペールの法則あるいはビオ=サバールの法則により与えられる。また時間とともに変化する電流がつくる磁場はマクスウェルの方程式により一般的に与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電流の磁気作用の関連キーワードエールステッド電磁気の単位系マクスウェルアンペールファラデーサバール電磁気学電気工学電気力学レンツアラゴ電流計電信法則

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android