電源構成(読み)でんげんこうせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電源構成
でんげんこうせい

発電に利用される電源(火力原子力、各種再生可能エネルギーなど)の内訳。エネルギーミックスenergy mixともいう。政府は電力供給の安定性、発電コスト、環境への影響、安全性などを総合的に考慮して将来の最適な構成を決め、それを基に、中長期的なエネルギー基本計画を決める。このため電源構成を最適化することを電力のベストミックスという。電源構成は国によってさまざまで、フランスのように7割強を原子力発電が占める国もあれば、カナダやスウェーデンのように水力が4~6割を占める国もある。アメリカ、イギリス、韓国は7割前後を火力発電が占めている。日本の電源構成は英米に近く、1980年代から、火力発電が6割台を占め、原子力発電が3割前後という割合が続いてきた。2010年(平成22)6月に策定されたエネルギー基本計画では、2030年までにコストや安定性に優れるとされた原子力発電比率を約53%に引き上げ、再生可能エネルギー比率も約21%に伸ばす目標を掲げた。しかし東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、当時の菅直人(かんなおと)・民主党政権は「脱原発依存」に転換し、目標を撤回。2012年に発足した安倍晋三(あべしんぞう)・自民党政権は「原発の活用」を打ち出した。しかし反原発の世論が根強く、ようやく2015年7月に、2030年の望ましい電源構成として、再生可能エネルギー22~24%、原子力20~22%、石炭26%、天然ガス27%、石油3%という案を正式決定した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電源構成の関連情報