コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離水素領域 デンリスイソリョウイキ

デジタル大辞泉の解説

でんり‐すいそりょういき〔‐スイソリヤウヰキ〕【電離水素領域】

HⅡ領域

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

電離水素領域【でんりすいそりょういき】

中性水素領域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんりすいそりょういき【電離水素領域 ionized hydrogen region】

HII領域ともいう。光や電波でよく見える領域の一つで,オリオン星雲オメガ星雲などの物理的呼名である。これらの領域は電離した水素や,酸素炭素などの再結合線スペクトルによって観測され,美しい雲のように輝くので散光星雲とも呼ばれる。表面の温度が数万Kの大きな明るい星の周囲の水素原子は,星からの強い紫外線のために電離されて,イオン密度はきわめて小さい(10~100個/cm3)が,直径10~100光年の巨大なプラズマ領域を作る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

電離水素領域の関連キーワード不規則銀河発光星雲電波銀河銀河電波Hα線星雲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android