コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤羽 あかばね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤羽
あかばね

東京都北区北部の地区。日光御成街道 (岩槻街道) の旧宿場町。地名の由来は,赤埴 (あかはに,赤色の土) が多い土地であることによる。 JR東北本線,京浜東北線高崎線埼京線,東京地下鉄南北線が通り,駅周辺の商店街は東京北部の商業の一中心地をなす。ほか一帯は住宅地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

赤羽【あかばね】

東京都北区北部の地区。江戸時代には荒川に臨む岩槻街道の宿場町があった。1883年赤羽駅が設けられ,西側台地上に陸軍の施設が,東側低地に工場群ができた。現在,軍の施設跡に赤羽台団地がある。
→関連項目北[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あかばね【赤羽】

東京都北区の北部の地域。低地は工業地区。赤羽駅周辺は商業地区。台地は住宅団地として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤羽
あかばね

東京都北区の北部、荒川を隔てて、埼玉県に接する地区。江戸時代は赤羽根と記し、この一帯に赤土(あかつち)が多く赤埴(あかはに)といわれたことが地名の由来ともいう。JR京浜東北線から以西は山手(やまのて)台地で、赤羽台といわれる。以東は荒川右岸の沖積低地で、江戸時代は岩槻(いわつき)街道(日光御成(おなり)街道)筋の寒村であったが、1887年(明治20)以降台地は軍用地となり、工兵隊、被服本廠(ほんしょう)、火薬庫などがあった。現在はJR京浜東北線、埼京線の接点として赤羽駅付近は交通、ショッピングの一中心地をなし、赤羽台には住宅団地がある。1991年(平成3)東京メトロ南北線赤羽岩淵(いわぶち)駅開業。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤羽の関連キーワードSunny Day Sundayマラソン五輪代表の選考方法ウヒョッ!東京都北区赤羽山田孝之の東京都北区赤羽おおきなおおきなおいも山本 東次郎(初代)イトーヨーカ堂[株]ほうまんの池のカッパにぎりめしごろごろ彩の国スタジアム線山本東次郎(1世)国際アンデルセン賞栃木県芳賀郡市貝町赤羽インデックス絵本源平絵巻物語中庸平凡パンチ岩淵(東京都)スーホの白い馬赤羽まんじゅう埼玉高速鉄道線

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤羽の関連情報