コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊友会(れいゆうかい) れいゆうかい

知恵蔵の解説

霊友会(れいゆうかい)

久保角太郎(1892〜1944)と小谷喜美(1901〜71)によって創始された、仏教系の新宗教。法華経の教えを基本とした先祖供養を重要視し、両親・夫婦の双方につながる先祖すべてを供養するところに特徴がある。当初、久保は女性霊能者若月チセの後援会として霊友会を発足させる。その後、兄嫁の小谷喜美と出会い、喜美を霊能者として育成すべく指導をする。1930年、喜美を初代会長として、霊友会の発会式を行う。久保の死後、喜美が実質的な指導者となり、第2次大戦後、勢力を拡大、社会福祉事業などにも取り組む。71年、喜美が死去すると、久保の次男継成(1936〜)が教団を継承する。継成は、「インナートリップ」(人間の心にかえろう)キャンペーンを開始し、月刊誌『いんなあとりっぷ』を創刊。霊友会からは、妙智会、仏所護念会、立正佼成会を始め、多くの教団が分派した。東京都港区に本部を置き、信者数は公称約170万人。

(岩井洋 関西国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

霊友会(れいゆうかい)の関連キーワードハイパー宗教久保 角太郎宮本 ミツ長沼 妙佼梅原 正紀庭野 日敬岡野 正道新宗教運動久保角太郎小谷 喜美宮本ミツ身延参り新新宗教庭野日敬長沼妙佼久保継成孝道教団岡野正道日蓮宗飯倉