霞ヶ関ビル(読み)かすみがせきビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霞ヶ関ビル
かすみがせきビル

東京都千代田区にある世界最初の耐震超高層ビル。 1968年竣工。三井不動産山下寿郎の設計。耐震構造学の権威,武藤清が構造設計を担当。建設技術とコンピュータ技術の発達により,剛構造から柔構造へ構造解析方法が進展,地震国日本での超高層ビル建設の道を開いた。これ以降,日本の都市の景観は大きく変ることになる。超高層ビル時代到来の幕開けを記した建造物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霞ヶ関ビルの関連情報