コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霞ヶ関ビル かすみがせきビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霞ヶ関ビル
かすみがせきビル

東京都千代田区にある世界最初の耐震超高層ビル。 1968年竣工。三井不動産山下寿郎の設計。耐震構造学の権威,武藤清が構造設計を担当。建設技術とコンピュータ技術の発達により,剛構造から柔構造へ構造解析方法が進展,地震国日本での超高層ビル建設の道を開いた。これ以降,日本の都市の景観は大きく変ることになる。超高層ビル時代到来の幕開けを記した建造物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

霞ヶ関ビルの関連キーワード超高層建築物江戸英雄特定街区

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霞ヶ関ビルの関連情報