コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔構造 じゅうこうぞう flexible structure

7件 の用語解説(柔構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柔構造
じゅうこうぞう
flexible structure

ビル建築にあたっての耐震構造考え方の一つ。構造物が高層になれば,その固有振動周期が長くなり,作用する地震力が小さくなるので,壁などを用いてことさらに剛性を高めるのは構造的によくないというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐こうぞう〔ジウコウザウ〕【柔構造】

構築物にある程度の変形能力を与え、振動固有周期を長くして、作用する地震の力の影響を小さくするようにした耐震構造。超高層建築に適用する。→剛構造

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柔構造【じゅうこうぞう】

剛構造の対。剛性の低い部材を用いたり,接合部の一部にピン接合を用いたりした建築構造。剛構造と異なり,地震の際に振動を吸収しゆるやかに振動する。高層建築物がこれに相当。
→関連項目耐震構造超高層建築

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうこうぞう【柔構造 flexible structure】

剛構造rigid structureに対する用語で,1927年ごろから31年ごろにかけて,真島健三郎佐野利器の間で交わされた柔・剛構造論争によって,建築家だけでなく一般社会の人々にもよく知られるようになった。真島は煉瓦や鉄筋コンクリートの壁体建築は大地震による巨大な力には耐えられず,鉄骨架構の柔軟性をもった建築だけが理論的に地震動に耐えられるものだと主張し,佐野は真島理論は複雑な地震現象を単純化しすぎていて非現実的であり,実務上は静的な設計震度(1924年から市街地建築物法に規定された)を用いて建物をできるだけ剛強に設計すべきだと主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうこうぞう【柔構造】

構造物が受ける地震の力に対して、その力を弱め、または吸収しうるような構造にしたもの。柱や梁はりなどの部材の接合部に余裕をもたせたり、構造物の荷重を支える役割をしない壁を用いたりする。転じて、広く社会構造にもいうことがある。 ↔ 剛構造

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じゅうこうぞう【柔構造】

建築物の耐震構造の一つ。しなりやすい建材を使ったり、部材の継ぎ目が回転したりするようにして、建物自体がある程度揺れることにより地震エネルギーを吸収する構造のこと。⇔剛構造

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柔構造
じゅうこうぞう
flexible structure

地震に対する建築の構造の一つ。対比して剛構造がある。建物に十分に、しなやかな変形能力を与えたうえで、建物の揺れの固有周期(建物が1回揺れて戻ってくるまでの時間)を長くして、作用する地震力を全体として小さくしようとする構造をいう。これに反して地震力に抵抗する耐震壁やブレース(筋かい)を設け建物を強剛につくって、地震時の建物の変形をできるだけ少なくしようとするのが剛構造であり、低層ビルには一般にこの剛構造の手法がとられるが、超高層ビルではそれは適切ではない。低層の強剛な建物は変形が少なく、それなりに大きな破壊力が作用するが、前述の耐震壁やブレースで十分に抵抗させられる。一方、周期の長い柔軟な建物には、地震を「柳に風と受け流し」全体として小さな破壊力しか作用しないが、それなりの変形は生ずる。こうした地震応答の性質がわかってきたことが背景にあって、堅い地盤立地を前提に、日本にも変形能力の大きい超高層ビルを合理的に建設することが可能となった。このような科学的裏づけがみいだされる以前に、古くから日本にある五重塔が地震で倒れたことがないのは、前記の高層ビルの構造に似通った性質が備わっていたためと解釈されていて、まことに興味深い[小堀鐸二・金山弘雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柔構造の言及

【超高層建築】より

…59年,東京駅改造計画が発表されたのを契機に,超高層建築の可能性についての技術的研究が行われるようになり,60年のアナログ型コンピューターの登場によって,建物に対する地震波の影響について検討する応答解析が可能となってきた。その結果,固有周期の長い柔に接合された建物ほど,建物に入力される地震力が小さいことがわかり,こうした動的解析の結果,日本でもねばり強い高張力鋼を採用したじん性に富む柔構造であれば,超高層建築も地震に対して安全であるという耐震理論の確立がなされた。一方,急速な経済成長をむかえ,それに対応すべき都市環境にあって,当時の建物の絶対高さの制限の31mそのものが時代の要請に合わなくなってきていた。…

※「柔構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柔構造の関連キーワード剛構造線構造β構造リジッド線状平行構造圧力構造眼球構造rigid structurerigid framerigid endoscope

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柔構造の関連情報