コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤清 むとうきよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武藤清
むとうきよし

[生]1903.1.29. 茨城
[没]1989.3.12. 東京
建築構造学者。 1925年東京大学建築学科卒業。 35年同大学教授。一貫して耐震構造学を研究し,その実用化に貢献した。第2次世界大戦前は岳父佐野利器とともに剛構造を提唱したが,戦後,コンピュータの実用化とともに動的解析法による柔構造の理論を実用化した。 63年退官後は鹿島建設副社長に転じ,68年日本初の超高層ビル霞が関ビル実現の原動力となった。 75年日本学士院会員。 83年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むとう‐きよし【武藤清】

[1903~1989]建築学者。茨城の生まれ。東大教授。耐震設計の実用化に貢献し、日本の超高層建築時代を切り開いた。東京の霞が関ビルディングなどを設計。昭和58年(1983)文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤清 むとう-きよし

1903-1989 昭和時代の建築学者。
明治36年1月29日生まれ。昭和10年東京帝大教授,退官後は鹿島建設副社長。耐震構造学を専門とし,柔構造理論をうちたてて日本の超高層建築に道をひらいた。39年学士院恩賜賞,58年文化勲章。平成元年3月12日死去。86歳。茨城県出身。東京帝大卒。作品に霞が関ビル,世界貿易センタービル

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むとうきよし【武藤清】

1903‐89(明治36‐平成1)
建築構造学者。茨城県取手市に生まれる。1925年東京帝国大学建築学科卒業。35年同教授。関東大震災の直後から構造物の振動解析の研究に着手し,33年世界的な耐震計算法である〈横力分布係数法〉を完成する。戦後,コンピューターによるシミュレーション法を開発し,その成果は〈柔構造〉理論として日本に超高層建築が実現する契機となった。作品に霞が関ビル(1968)のほか超高層建築が多数。【丸山 茂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むとうきよし【武藤清】

1903~1989) 建築構造学者。茨城県生まれ。東大教授。耐震設計の実用化に貢献し、日本における超高層ビルの建設を可能にした。霞が関ビルディング・東京都新庁舎などの構造設計を担当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤清
むとうきよし
(1903―1989)

建築構造学者。茨城県取手(とりで)生まれ。1925年(大正14)東京帝国大学建築学科卒業。27年(昭和2)同校助教授、35年教授。63年の退官後は鹿島(かじま)建設副社長に就任、また武藤構造力学研究所を開設した。耐震工学の第一人者で、コンピュータによるシミュレーション法の開発を進め、柔構造理論を確立。日本最初の超高層ビル霞(かすみ)が関(せき)ビル(1968)の構造設計を担当。「耐震構造に関する研究」で64年学士院恩賜賞を受賞。83年文化勲章受章。[天田起雄]
『武藤清著『耐震設計シリーズ1 耐震計算法』(1963・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武藤清の関連キーワードモリソン・プラン恩賜賞受賞者霞ヶ関ビル昭和時代構造設計武藤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android