コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤清 むとうきよし

6件 の用語解説(武藤清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武藤清
むとうきよし

[生]1903.1.29. 茨城
[没]1989.3.12. 東京
建築構造学者。 1925年東京大学建築学科卒業。 35年同大学教授。一貫して耐震構造学を研究し,その実用化に貢献した。第2次世界大戦前は岳父の佐野利器とともに剛構造を提唱したが,戦後,コンピュータの実用化とともに動的解析法による柔構造の理論を実用化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むとう‐きよし【武藤清】

[1903~1989]建築学者。茨城の生まれ。東大教授。耐震設計の実用化に貢献し、日本の超高層建築時代を切り開いた。東京の霞が関ビルディングなどを設計。昭和58年(1983)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤清 むとう-きよし

1903-1989 昭和時代の建築学者。
明治36年1月29日生まれ。昭和10年東京帝大教授,退官後は鹿島建設副社長。耐震構造学を専門とし,柔構造理論をうちたてて日本の超高層建築に道をひらいた。39年学士院恩賜賞,58年文化勲章。平成元年3月12日死去。86歳。茨城県出身。東京帝大卒。作品に霞が関ビル,世界貿易センタービル。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

むとうきよし【武藤清】

1903‐89(明治36‐平成1)
建築構造学者。茨城県取手市生まれる。1925年東京帝国大学建築学科卒業。35年同教授。関東大震災の直後から構造物の振動解析の研究に着手し,33年世界的な耐震計算法である〈横力分布係数法〉を完成する。戦後,コンピューターによるシミュレーション法を開発し,その成果は〈柔構造〉理論として日本に超高層建築が実現する契機となった。作品に霞が関ビル(1968)のほか超高層建築が多数。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むとうきよし【武藤清】

1903~1989) 建築構造学者。茨城県生まれ。東大教授。耐震設計の実用化に貢献し、日本における超高層ビルの建設を可能にした。霞が関ビルディング・東京都新庁舎などの構造設計を担当。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤清
むとうきよし
(1903―1989)

建築構造学者。茨城県取手(とりで)生まれ。1925年(大正14)東京帝国大学建築学科卒業。27年(昭和2)同校助教授、35年教授。63年の退官後は鹿島(かじま)建設副社長に就任、また武藤構造力学研究所を開設した。耐震工学の第一人者で、コンピュータによるシミュレーション法の開発を進め、柔構造理論を確立。日本最初の超高層ビル霞(かすみ)が関(せき)ビル(1968)の構造設計を担当。「耐震構造に関する研究」で64年学士院恩賜賞を受賞。83年文化勲章受章。[天田起雄]
『武藤清著『耐震設計シリーズ1 耐震計算法』(1963・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武藤清の関連キーワード茨城県取手市稲茨城県取手市岡茨城県取手市桑原茨城県取手市新取手茨城県取手市取手茨城県取手市西茨城県取手市白山茨城県取手市東茨城県取手市藤代茨城県取手市谷中

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武藤清の関連情報