コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露地行灯 ロジアンドン

1件 の用語解説(露地行灯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろじ‐あんどん〔ロヂ‐〕【露地行灯】

茶の湯で、夜咄(よばなし)や暁の茶事のとき、露地の腰掛けに置き、明かりとする角形の低い行灯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露地行灯の関連キーワード後炭立炭短檠茶事七式手燭石名残の茶暁の茶事朝の茶事飯頭夜咄の茶事

露地行灯の関連情報