コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露殿物語 つゆどのものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

つゆどのものがたり【露殿物語】

仮名草子。作者不明。寛永(1624‐44)初期成立。写本1巻,絵巻物3巻。江戸時代初期の遊女評判記として,もっとも古いものといえる。いちおう物語の形式をとっており,朝顔の露の介という16歳の少年が,元吉原の遊女と親しくなり駆落ちするが,女は捕らえられて連れ戻される。しかし女はまた逃げ出して行方不明になる。露の介は女を探して京へ上り,六条三筋町の遊里を通りかかって,遊女吉野と親しくなる。このところで三筋町の遊女32人の評判があるが,各遊女を花や木にたとえているのが特徴である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

露殿物語の関連キーワード仮名草子

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android