コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露殿物語 つゆどのものがたり

1件 の用語解説(露殿物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つゆどのものがたり【露殿物語】

仮名草子。作者不明。寛永(1624‐44)初期成立。写本1巻,絵巻物3巻。江戸時代初期の遊女評判記として,もっとも古いものといえる。いちおう物語の形式をとっており,朝顔の露の介という16歳の少年が,元吉原の遊女と親しくなり駆落ちするが,女は捕らえられて連れ戻される。しかし女はまた逃げ出して行方不明になる。露の介は女を探して京へ上り,六条三筋町の遊里を通りかかって,遊女吉野と親しくなる。このところで三筋町の遊女32人の評判があるが,各遊女を花や木にたとえているのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

露殿物語の関連キーワードコックス寛永ソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山東海道二条城人形浄瑠璃久松氏

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone