コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青かび病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(青かび病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

青かび病(トウモロコシ)

穂をかびさせる糸状菌病。穂に発生し、子実や穂軸に灰緑色のかびを生じる。子実では種皮にとどまることが多いが、まれに胚も侵される。圃場ですでに発生し、貯蔵中に広がることが多い。また、種子伝染し、播種後種子が土壌中で青かびに覆われ、苗立枯を起こすこともある。病原菌自体の感染力は弱く、害虫の食痕などから発生することが多い。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青かび病(トウモロコシ)の関連キーワード糸状菌赤かび病(トウモロコシ)赤かび病(ソルガム・スーダングラス)すす穂病(ソルガム・スーダングラス)捻葉病(オーチャードグラス)赤かび病(ライグラス)赤かび病(フェスク)褐点病(ローズグラス)すす葉枯病(ローズグラス)赤かび病(パスパルム)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone