コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青岳 せいがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青岳 せいがく

?-? 戦国時代の尼僧。
足利義明(よしあき)の娘。天文(てんぶん)7年(1538)下総(しもうさ)国府台(こうのだい)(千葉県)で父が敗死したのち,鎌倉の尼寺臨済宗(りんざいしゅう)太平寺にはいり住持となる。弘治(こうじ)2年(1556)安房(あわ)(千葉県)の里見義弘が鎌倉に攻めいったときつれかえられ,還俗(げんぞく)して義弘の妻となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青岳

生年:生没年不詳
戦国時代の臨済宗の尼。小弓御所足利義明の娘。天文7(1538)年,下総国(千葉県)国府台の戦で,義明が敵対した古河公方足利晴氏と北条氏綱に敗死したあと出家。鎌倉尼五山の筆頭太平寺の住持となった。妹にやはり,このときに出家したとみられる東慶寺住持の旭山法暘がいる。弘治2(1556)年,安房(千葉県)の里見義弘が三浦半島に上陸して鎌倉に攻め入ったとき,寺から連れ去られ,そのまま還俗して義弘の妻となった。ふたりはもともと許嫁の関係にあったとの説もある。智光院殿とも呼ばれ,その墓塔と伝えられるものが,千葉県安房郡富浦町の興禅寺と同県館山市の泉慶院に現存する。<参考文献>『足利系図』『新編武蔵風土記稿』,川名登『南総の豪族・里見義尭』,三山進『太平寺滅亡―鎌倉尼五山秘話―』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

青岳の関連キーワード沢村源之助(4代)沢村源之助(5代)沢村源之助伯英徳俊熊賜履尼僧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android