コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国府台 こうのだい

7件 の用語解説(国府台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国府台
こうのだい

千葉県北西部,市川市の北部にある地区。江戸川の浸食により区切られた下総台地の西端にある。古代には下総国府,国分寺がおかれた。付近から国分尼寺の礎石や布目瓦が発掘されたほか,『万葉集』に悲歌をとどめる手児奈堂など史跡が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうのだい〔コフのダイ〕【国府台】

千葉県市川市北西部の地名。下総(しもうさ)台地西端の高台で、江戸川に面する文教・住宅地。古代、下総国府が置かれた。鴻ノ台。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国府台【こうのだい】

千葉県市川市の一地区。下総(しもうさ)台地の西端が江戸川に臨む地で,古代下総国府,国分寺の所在地。中世には北条氏と里見氏の戦場となった。もと陸軍の諸部隊があったが,戦後住宅・学校地区となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうのだい【国府台】

鴻台とも書く。下総国の国府が置かれた台地(現,千葉県市川市)をいう。北は松戸まで丘陵として続いているが,西は江戸川に臨み河岸は約20mの断崖をなしている。〈真間手児名(ままのてこな)〉伝説で有名な真間に近く,古代には下総国の要衝の地として栄え,中世にいたっても武蔵国を臨む地として戦略上重要な拠点になった。室町時代,下総の古河城に拠った足利成氏(古河公方)に対抗するため,下総の豪族千葉実胤はここに城を築いたが攻め落とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうのだい【国府台】

千葉県市川市の地名。江戸川べりの高台で、古代下総国府が置かれた地。後北条氏と里見氏が戦った国府台合戦の古戦場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国府台
こうのだい

千葉県市川市北西端の地区。江戸川に面する。下総(しもうさ)台地の西端にあり、標高約20メートルの高台には明戸(あけど)古墳もある。地名は下総国の国府が置かれたことに由来し、戦国時代には二度にわたり安房(あわ)里見(さとみ)氏と小田原北条氏の合戦場となった。明治時代に陸軍の野砲兵連隊が移駐して以来、高射砲陣地、陸軍病院なども置かれ、その跡地に大学や国立病院などが集中して文教地区、住宅地区となっている。西部にサクラの名所里見公園があり、北原白秋の旧宅紫烟草舎(しえんそうしゃ)も移築されている。隣接して徳川氏の保護を受けた総寧(そうねい)寺があり、境内に里見氏にちなむ伝説の夜泣石がある。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国府台の言及

【市川[市]】より

…中心市街の市川,八幡,中山は千葉街道の街村で,成田・木下(きおろし)両街道の分岐点に位置する行徳は近世から明治にかけて江戸川の河港であり,行徳塩田の中心として栄えた。明治末に総武鉄道の市川,下総中山の駅ができ,大正初めに京成電鉄が開通して東京の住宅地となり,台地西部の国府台(こうのだい)に軍施設がおかれて軍隊の町といわれ,関東大震災後には京浜工業地帯がのびて工業化が進んだ。戦災にあわなかったため第2次世界大戦後には人口が急増し,台地の旧軍用地にいくつかの大学が集まった。…

※「国府台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国府台の関連キーワード津山石岡総国白砂台地別失八里石岡[市]稲沢[市]高山[市]上総の国府千葉県市川市国府台

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国府台の関連情報