青年トルコ党(読み)せいねんとることう(英語表記)Young Turks

日本大百科全書(ニッポニカ)「青年トルコ党」の解説

青年トルコ党
せいねんとることう
Young Turks

オスマン朝スルタン、アブデュル・ハミト2世の専制政治を排し、1876年憲法復活を目ざした秘密結社「統一と進歩委員会」Ittihat ve Terakki Cemiyetiの通称。1889年、イスタンブールの軍医学校学生イブラヒム・テモによって創設された。その後弾圧を受け、海外活動が中心であった。1906年、サロニカ(テッサロニキ)のオスマン自由委員会と合併、国内活動を再開した。マケドニア駐屯軍の青年将校が多数参加し、08年7月ニヤーズィなどの蜂起(ほうき)が拡大したため、憲法復活が宣言された。立憲体制下において「統一と進歩委員会」は強引な政治介入をしたため、09年反乱が発生、一時的に後退したが、行動軍の反乱鎮圧により勢力を回復した。13年、クーデターによってオスマン帝国の政治権力を握った「統一と進歩委員会」は、第一次世界大戦でドイツ側につき参戦を指導した。敗戦とともにエンベル・パシャらの主要人物は国外に脱出、組織としての機能を失った。

[設楽國廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「青年トルコ党」の解説

せいねんトルコ‐とう ‥タウ【青年トルコ党】

(トルコはTurco) 一九世紀末、トルコの国家改造、立憲制の復活を主張して結成された政治結社。正しくは「統一と進歩委員会」。一九〇八年革命に成功。翌年政権を獲得、憲政を再開した。のち親独的方向に傾き、第一次世界大戦でドイツ側に加わり、敗戦。一九一八年解体したが、一九二三年にこの党の急進派ケマル=アタチュルクがトルコ共和国を建設。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android