憲政(読み)ケンセイ

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐せい【憲政】

〘名〙
① 手本となるようなりっぱな政治。
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「人倫は心調て誇ともおごらず。憲政の至、おさまりてみゆ」
② 立憲政治または憲法政治の略称。広義には、権力の行使を憲法によって規制している政治形態のこと。狭義には、一八世紀以後の民主主義的議会政治の原理、およびその政治形態をいう。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「英国風の着実な憲政を主張すると同時に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報