コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木大乗 あおき だいじょう

美術人名辞典の解説

青木大乗

日本画家。大阪生。本名は精一郎、初号は宏峰。関西美術院洋画を、京都絵専で日本画を学ぶ。新澄社洋画研究所を創設するが、のち解散して日本画に転ずる。結城素明、川崎小虎らと大日美術院を結成。同院解散後は無所属作家として個展の制作発表を中心に活躍。欧米や中国を歴遊し、写実を基本に深い画趣をたたえる作品を描いた。昭和54年(1979)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木大乗 あおき-だいじょう

1891-1979 大正-昭和時代の日本画家。
明治24年5月1日生まれ。はじめ宏峰と号して洋画を制作,のち日本画に転向。昭和12年結城素明,川崎小虎らと大日美術院を創設。晩年水墨画をえがく。昭和54年4月5日死去。87歳。大阪出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は精一郎。作品に「香心」「大自然の微笑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青木大乗の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android