青木徹二(読み)あおき てつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木徹二 あおき-てつじ

1874-1930 明治-昭和時代前期の法学者。
明治7年9月9日生まれ。32年ドイツ,フランスに留学。35年帰国し,母校慶応義塾などで商法をおしえる。42年弁護士となった。昭和5年10月12日死去。57歳。岐阜県出身。著作に「商法全書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青木徹二

没年:昭和5.10.12(1930)
生年:明治7.9.9(1874)
商法学者,弁護士。岐阜県出身。父は青木熊太郎,母はリウ。明治30(1897)年慶応義塾卒。『時事新報』記者,検察官を務めたのち,32~35年ヨーロッパ留学。帰国後母校で商法を講じ,その間商法全体にわたる体系書『商法全書』(1903~05)を刊行。43年法学博士号を受ける。大正9(1920)年,雑誌『東方時論』に「続世相審かし論」を寄稿,不敬罪の廃止を唱えた。「皇室ノ尊厳ヲ冒涜」したとして新聞紙法違反で起訴されたが,法廷でも説の撤回を拒み,禁固4カ月の実刑判決を受けて,大審院まで上訴したが,11年棄却され,下獄した。同年慶大教授を辞職。以後12年関東大震災後,保険会社諸社の弁護人を務めるなど,弁護士として活躍した。

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android