コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木敬介 あおき けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木敬介 あおき-けいすけ

1932- 昭和後期-平成時代の僧,市民運動家。
昭和7年8月16日生まれ。兵庫県御津町の西念寺住職。昭和47年海の浄化をめざして「播磨灘(はりまなだ)を守る会」を結成し,工場排水の監視,埋め立ての停止などの運動をすすめる。63年磯浜復元全国ネットの結成に参加した。兵庫県出身。竜谷大卒。詩集に「播磨灘」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青木敬介の関連キーワード昭和

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android