コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木研蔵 あおき けんぞう

1件 の用語解説(青木研蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木研蔵 あおき-けんぞう

1815-1870 江戸後期-明治時代の医師。
文化12年生まれ。青木周弼(しゅうすけ)の弟。広瀬淡窓に儒学を,宇田川玄真に蘭医学をまなぶ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の西洋書翻訳掛,侍医などをつとめる。長崎から痘苗をもちかえり,藩内ではじめて種痘を実施した。明治2年宮内省大典医。明治3年9月8日死去。56歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は邦彦。字(あざな)は子祐。号は秋渓。通称ははじめ吉次郎。訳書に「医理学源」(共訳)など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

青木研蔵の関連キーワード奈破崙製糸業日本科学史ルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇間の川又五郎藤本善右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone