青沼勘右衛門(読み)あおぬま かんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青沼勘右衛門 あおぬま-かんえもん

?-1701 江戸時代前期の馬術家。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。大坪流馬術を父青沼藤兵衛にまなび,明暦4年(1658)父の死後馬役をつぎ,のち馬術師範となる。延宝9年江戸で松平加賀守(前田綱紀(つなのり))の暴れ馬をのりこなし,賞された。元禄(げんろく)14年11月25日死去。名は盛明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android