コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑泥片岩 リョクデイヘンガン

大辞林 第三版の解説

りょくでいへんがん【緑泥片岩】

緑泥石を多く含む結晶片岩。広域変成帯の比較的変成度の低い部分に産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緑泥片岩の関連キーワード金砂湖県立自然公園大歩危・小歩危近松門左衛門墓野上下郷石塔婆小見真観寺古墳上黒岩岩陰遺跡上総金鈴塚古墳上黒岩遺跡広域変成帯金鈴塚古墳緑泥輝緑岩阿波青石吉見百穴秩父青石岩戸遺跡別子銅山三波石峡花園城銅山川弓長嶺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑泥片岩の関連情報