緑泥片岩(読み)リョクデイヘンガン

大辞林 第三版の解説

緑泥石を多く含む結晶片岩。広域変成帯の比較的変成度の低い部分に産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 緑泥石を主成分とする結晶片岩。ほかに長石・石英・雲母(うんも)などを含有し、緑色で片理に富む。広域変成岩の一つ。〔日本風景論(1894)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報