コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青芽 あおめ

1件 の用語解説(青芽の意味・用語解説を検索)

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あおめ【青芽】

芽じその一つで、青じその双葉。刺身のつまや薬味、吸い口などにする。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青芽の言及

【シソ(紫蘇)】より

…【高橋 文次郎】
[料理]
 赤ジソ,青ジソとも芽,葉,花穂,実ともに香りがよく,日本料理の材料として用途がひろい。芽ジソは刺身のつまや吸口に使い,赤ジソはむらめ,青ジソは青芽とよぶ。青ジソの葉は大葉(おおば)ともいい,刺身のつまにしたり刻んであえ物,漬物,薬味などに使って色,香りを楽しむ。…

※「青芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青芽の関連キーワードアジソン青紫蘇ウエッジソール大葉刺身のつま自走侍曹穂紫蘇メッセージソングイメージソング

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone