コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青龍三年銘鏡 せいりゅうさんねんめいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青龍三年銘鏡
せいりゅうさんねんめいきょう

1994年春,京都府京丹後市弥栄地区と峰山地区にまたがる大田南5号墳から出土した「青龍三年」の銘をもつ四神鏡。「青龍三年」は中国の三国時代の年号で,西暦 235年にあたる。これは卑弥呼の使者が魏に出発する4年前にあたり,魏から下賜された銅鏡 100枚のうちの1枚ではないかと注目されたが,この説が正しいとするならば邪馬台国幾内説を補強することになる。しかし従来の説によると,卑弥呼が受けたのは三角縁神獣鏡であるとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

青龍三年銘鏡の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一シャ乱Q

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android