コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静厳 じょうごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

静厳 じょうごん

1243-1299 鎌倉時代の僧。
寛元元年生まれ。一条実経(さねつね)の子。真言宗。厳舜(ごんしゅん)について出家,勝尊(しょうそん),親杲に灌頂(かんじょう)をうける。京都の随心院門跡(もんぜき)となり,のち護持僧,東寺の長者・法務,醍醐寺座主(ざす)などをつとめた。大僧正。永仁(えいにん)7年1月7日死去。57歳。通称は殿大僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

静厳の関連キーワード聖覚厳家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静厳の関連情報