(読み)セイ

デジタル大辞泉「静」の解説

せい【静〔靜〕】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]しず しずか しずまる しずめる
学習漢字]4年
〈セイ〉
動きや物音がなくじっとしている。しずか。しずめる。「静穏静止静寂静粛静聴静謐(せいひつ)静物閑静沈静鎮静動静
心を乱さないで落ち着いている。「静養平静冷静
〈ジョウ〉じっとしている。「静脈
[名のり]きよ・ちか・つぐ・ひで・やす・やすし・よし

せい【静】

しずかなこと。じっとしていてかないこと。「動中、あり」

しず〔しづ〕【静】

[語素]名詞の上に付いて、静かな、落ち着いている、静まっているなどの意を表す。「心」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「静」の解説

せい【静】

〘名〙 しずかなこと。ひっそりとしていること。変化のないこと。
※藤樹文集(1648頃)二・舟中見水月有感「人心宜静、明月不波」 〔荘子‐漁父〕

じょう ジャウ【静】

〘名〙 仏語。煩悩に惑わされない静かな心の状態。
※発心集(1216頃か)七「上地は静(ジャウ)なり妙なり離なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android