(読み)シズ

デジタル大辞泉の解説

しず〔しづ〕【静】

[語素]名詞の上に付いて、静かな、落ち着いている、静まっているなどの意を表す。「心」

せい【静】

しずかなこと。じっとしていてかないこと。「動中、あり」

せい【静〔靜〕】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]しず しずか しずまる しずめる
学習漢字]4年
〈セイ〉
動きや物音がなくじっとしている。しずか。しずめる。「静穏静止静寂静粛静聴静謐(せいひつ)静物閑静沈静鎮静動静
心を乱さないで落ち着いている。「静養平静冷静
〈ジョウ〉じっとしている。「静脈
[名のり]きよ・ちか・つぐ・ひで・やす・やすし・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
女性

生年月日
1982/09/02

星座
おとめ座

干支
戌年

血液型
O

出身地
香川県

職種
話す仕事

趣味・特技
映画鑑賞/ギター/歌/ダンス

プロフィール
4歳からクラシックバレエを習い始め、演劇的な演出のジャズバレエではウィーンやアメリカ公演に参加。幾つものステージに立つ事で空間表現、演出の喜びを知る。同時に吉村ゆきその師匠の元、上方舞である吉村流で舞を習い始める。現在は音楽ユニット“静-silent-”としてライブレコーディング等の活動を行う。また、カメラマンとしての魅力も必見。

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

大辞林 第三版の解説

しずか【静】

源義経の愛妾。もと京の白拍子しらびようし。母は磯禅師いそのぜんじ。吉野山で義経と別れたのち捕らえられ、鎌倉の鶴岡八幡宮で頼朝夫妻に所望されて舞ったとき、義経を慕う歌をうたった話は有名。幸若舞・能・歌舞伎などにとり上げられた。静御前。生没年未詳。

せい【静】

静かなこと。動かないこと。 「 -と動」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静の関連情報