(読み)セイ

デジタル大辞泉「静」の解説

せい【静〔靜〕】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]しず しずか しずまる しずめる
学習漢字]4年
〈セイ〉
きや物音がなくじっとしている。しずか。しずめる。「静穏静止静寂静粛静聴静謐せいひつ静物閑静沈静鎮静動静
心を乱さないで落ち着いている。「静養平静冷静
〈ジョウ〉じっとしている。「静脈
[名のり]きよ・ちか・つぐ・ひで・やす・やすし・よし

しず〔しづ〕【静】

[語素]名詞の上に付いて、静かな、落ち着いている、静まっているなどの意を表す。「心」

せい【静】

しずかなこと。じっとしていて動かないこと。「動中、あり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「静」の解説

せい【静】

〘名〙 しずかなこと。ひっそりとしていること。変化のないこと。
※藤樹文集(1648頃)二・舟中見水月有感「人心宜静、明月不波」 〔荘子‐漁父〕

じょう ジャウ【静】

〘名〙 仏語。煩悩に惑わされない静かな心の状態。
※発心集(1216頃か)七「上地は静(ジャウ)なり妙なり離なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「静」の解説


しずか

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
佐佐木信綱
初演
昭和8.5(東京・歌舞伎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android