コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シズ

デジタル大辞泉の解説

しず〔しづ〕【静】

[語素]名詞の上に付いて、静かな、落ち着いている、静まっているなどの意を表す。「心」

せい【静】

しずかなこと。じっとしていてかないこと。「動中、あり」

せい【静〔靜〕】[漢字項目]

[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]しず しずか しずまる しずめる
学習漢字]4年
〈セイ〉
動きや物音がなくじっとしている。しずか。しずめる。「静穏静止静寂静粛静聴静謐(せいひつ)静物閑静沈静鎮静動静
心を乱さないで落ち着いている。「静養平静冷静
〈ジョウ〉じっとしている。「静脈
[名のり]きよ・ちか・つぐ・ひで・やす・やすし・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
女性

生年月日
1982/09/02

星座
おとめ座

干支
戌年

血液型
O

出身地
香川県

職種
話す仕事

趣味・特技
映画鑑賞/ギター/歌/ダンス

プロフィール
4歳からクラシックバレエを習い始め、演劇的な演出のジャズバレエではウィーンやアメリカ公演に参加。幾つものステージに立つ事で空間表現、演出の喜びを知る。同時に吉村ゆきその師匠の元、上方舞である吉村流で舞を習い始める。現在は音楽ユニット“静-silent-”としてライブレコーディング等の活動を行う。また、カメラマンとしての魅力も必見。

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

大辞林 第三版の解説

しずか【静】

源義経の愛妾。もと京の白拍子しらびようし。母は磯禅師いそのぜんじ。吉野山で義経と別れたのち捕らえられ、鎌倉の鶴岡八幡宮で頼朝夫妻に所望されて舞ったとき、義経を慕う歌をうたった話は有名。幸若舞・能・歌舞伎などにとり上げられた。静御前。生没年未詳。

せい【静】

静かなこと。動かないこと。 「 -と動」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

静の関連キーワード松浦静山(まつうらせいざん)ハイドロスタティックス静岡県島田市伊太藤蔭静枝(初代)キャパシタンス茨城県那珂市静スタティクス恵尊法親王電界レンズ網破損針金静定構造物静音マシン静音PCファラド山岡正視比較動学清水快閑電気容量セイシュ社会動学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静の関連情報