コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静定構造物 せいていこうぞうぶつstatically determinate structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静定構造物
せいていこうぞうぶつ
statically determinate structure

外部から作用する荷重を安全に支えることのできる構造物のなかで,部材に働く力などの大きさが,力やモーメントの釣合い条件だけから算定できるものをいう。単純梁,片持ち梁,あるいは簡単なトラスのように,構造物に外力が働く場合,力の釣合い条件とモーメントの釣合い条件だけで反力や応力が定まることを静定といい,この力とモーメントの釣合い条件が静定条件である。静定条件だけでは応力条件が明らかにならない構造物は不静定構造物 statically indeterminate structureという。不静定構造物では,静定条件以外に,支点の支持条件や部材の変形を考慮する必要がある。連続梁,スリーヒンジ構造以外の,アーチ,ラーメン,格子構造などは不静定構造物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

静定構造物の関連キーワード最小仕事の理論温度応力撓角法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android