静照(読み)じょうしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうしょう ジャウセウ【静照】

鎌倉時代の臨済宗の僧。号は無象。勅諡(ちょくし)は法海禅師。法海派(仏心寺派)の祖。鎌倉の人。円爾弁円に学び、入宋して径山の石渓心月についてその法を嗣ぐ。帰国後、京都の仏心寺などに歴住ののち、鎌倉浄智寺に住する。天福二~嘉元四年(一二三四‐一三〇六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android