コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無象静照 むしょうじょうしょう

2件 の用語解説(無象静照の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無象静照
むしょうじょうしょう

[生]文暦1(1234)
[没]徳治1(1306).5.
鎌倉時代臨済宗僧。法海派の開祖。 19歳で宋に渡り,径山の石渓和尚に5年間師事して印可を受け,諸山を訪れて 14年とどまり,文永2 (1265) 年帰朝。京都の仏心寺をはじめ諸寺に歴住し,正安1 (99) 年浄智寺を司った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無象静照 むぞう-じょうしょう

1234-1306 鎌倉時代の僧。
文暦(ぶんりゃく)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。円爾(えんに)に師事。建長4年(1252)宋(そう)(中国)にわたり,石渓心月の法をつぐ。帰国して博多聖福寺,鎌倉大慶寺にはいり,のち北条貞時にまねかれ鎌倉浄智寺の住持となった。嘉元(かげん)4年5月15日死去。73歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。諡号(しごう)は法海禅師。著作に「興禅記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

無象静照の関連キーワード文暦右京大夫局宇久競覚慶(2)興心智海道耀明窓宗鑑頼恵良賢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone