コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静菌剤 せいきんざい

大辞林 第三版の解説

せいきんざい【静菌剤】

細菌の発育や増殖を抑制する化学療法剤。テトラサイクリン・エリスロマイシンなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静菌剤
せいきんざい

細菌の発育を止める薬剤。細菌が完全に死滅するわけではなく、ただ発育が抑制されているだけであるので、この環境から細菌が離脱すると、また発育を開始する。抗生物質、化学療法剤のうち、病原微生物の発育を抑制することのみを機序(メカニズム)とするものにつけられた名称である。臨床上、テトラサイクリンなどの広域性抗生物質およびエリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質がこれに属する。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

静菌剤の関連キーワード殺菌剤増殖

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静菌剤の関連情報