コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静菌剤 せいきんざい

2件 の用語解説(静菌剤の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せいきんざい【静菌剤】

細菌の発育や増殖を抑制する化学療法剤。テトラサイクリン・エリスロマイシンなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静菌剤
せいきんざい

細菌の発育を止める薬剤。細菌が完全に死滅するわけではなく、ただ発育が抑制されているだけであるので、この環境から細菌が離脱すると、また発育を開始する。抗生物質化学療法剤のうち、病原微生物の発育を抑制することのみを機序(メカニズム)とするものにつけられた名称である。臨床上、テトラサイクリンなどの広域性抗生物質およびエリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質がこれに属する。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone