コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非スターリン化 ひスターリンかde-Stalinization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非スターリン化
ひスターリンか
de-Stalinization

1953年の I.スターリンの死後進められたスターリン主義克服の過程。 N.フルシチョフを中心とするソ連の指導者は多年にわたるスターリン政治を反省し,死後ただちにこれを是正する措置をとった。まず個人独裁を排し,集団指導体制を復活。大粛清の最後の担当者であった L.P.ベリヤを追放して血の粛清に終止符を打ち,政治犯を釈放,秘密警察を縮小して市民的自由を拡大した。経済政策でも過度の中央集権的管理を改め,新技術を導入,農業の立ち遅れの克服に努めた。対外政策ではコミンフォルムを解散してユーゴスラビアと和解した。 56年の第 20回共産党大会では公然とスターリン批判を展開した。東欧諸国で非スターリン化が本格化したのは,61年のソ連第 21回党大会における第2次スターリン批判以後である。 64年のフルシチョフ解任後非スターリン化の動きは中断されたが,ペレストロイカが始るとさまざまな形で再び非スターリン化が行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

非スターリン化の関連キーワード社会主義労働者党[ハンガリー]イワン・デニーソヴィチの一日ロイ メドヴェージェフチェコスロバキア共産党構造改革[イタリア]チェコスロバキアハンガリー事件ポズナン暴動ブルガーニンゴルバチョフカーダールソ連共産党チェコ事件ゴムルカ反革命罪東欧映画中ロ関係ネンニオハプ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android