コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非ステロイド性抗炎症剤 ひステロイドせいこうえんしょうざいnonsteroidal anti-inflammatory drug ; NS AID

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非ステロイド性抗炎症剤
ひステロイドせいこうえんしょうざい
nonsteroidal anti-inflammatory drug ; NS AID

広義では,ステロイド系 (いわゆる副腎皮質ステロイドホルモン) 以外の抗炎症剤すべてが含まれるが,一般的には,アスピリンなど消炎解熱鎮痛作用を持つ薬剤を指す。慢性関節リウマチ五十肩,腰痛,術後疼痛 (とうつう) などの鎮痛や,感染症急性期の解熱などに広く用いられている。また,血栓を予防する作用を有し,脳梗塞 (こうそく) や虚血性心疾患などの予防的治療薬として使われているものもある。現在,内服するものだけでも 40種類以上の薬剤が使われている。最近,欧米では,非ステロイド性抗炎症剤を長期に服用しているうち,3分の1もの人に自覚症状のない胃・十二指腸潰瘍 (かいよう) が発症しているという報告が注目を集めている。日本では,そのような高頻度では起きていないと考えられているが,実態を明らかにするための調査が始まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

非ステロイド性抗炎症剤の関連キーワードキノロン系抗菌剤ニューキノロン剤ブフェキサマックプロドラッグ関節リウマチ化学療法剤リポ製剤消炎剤鎮痛薬金剤

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

非ステロイド性抗炎症剤の関連情報