非常警戒(読み)ひじょうけいかい

精選版 日本国語大辞典「非常警戒」の解説

ひじょう‐けいかい ヒジャウ‥【非常警戒】

〘名〙 重大犯罪などが発生し、またはそれが予期される場合に、犯人逮捕警備のために、特定地域を特に厳重に警戒すること。
※二十歳(1933)〈川端康成〉「年の暮の非常警戒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「非常警戒」の解説

ひじょう‐けいかい〔ヒジヤウ‐〕【非常警戒】

重大な犯罪が発生したり予期されたりするとき、犯人の逮捕、犯罪の防止のため、警察一定の地域を特に厳重に警戒すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android