非競争的阻害(読み)ヒキョウソウテキソガイ

デジタル大辞泉「非競争的阻害」の解説

ひきょうそうてき‐そがい〔ヒキヤウサウテキ‐〕【非競争的阻害】

酵素の活性部位に、基質の有無によらずに結合し、酵素活性阻害する機構。基質の濃度が高くなると、阻害できる割合が減少する。医薬品、農薬殺虫剤などに利用される。非競合阻害非競争阻害非拮抗的阻害。→競争的阻害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android