コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非競争的阻害

デジタル大辞泉の解説

ひきょうそうてき‐そがい〔ヒキヤウサウテキ‐〕【非競争的阻害】

酵素の活性部位に、基質の有無によらずに結合し、酵素活性を阻害する機構。基質の濃度が高くなると、阻害できる割合が減少する。医薬品、農薬、殺虫剤などに利用される。非競合阻害。非競争阻害非拮抗的阻害。→競争的阻害

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

非競争的阻害の関連キーワードアンタゴニスト非拮抗阻害

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android