面壁(読み)メンペキ

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐ぺき【面壁】

〘名〙 壁に面して坐禅すること。また、坐禅。
※実隆公記‐長享三年(1489)正月一日「当年歓楽云不合期云不能出仕、毎事如面壁」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「独壁に向ひ、九年めんへきの思ひをなし」 〔景徳伝燈録‐三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android