面折(読み)めんせつ

精選版 日本国語大辞典「面折」の解説

めん‐せつ【面折】

〘名〙 面前で人の過失などを責めること。面と向かって非を責めること。
※本朝文粋(1060頃)二・令上封事詔〈慶滋保胤〉「至家為国、面尸諫者、是朕之願也」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「節義ありて面折抵争する者よりは」 〔史記‐汲黯

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「面折」の解説

【面折】めんせつ

面前で批難する。〔史記、伝〕、人と爲り性倨(おご)り、禮少なく、面折して人の(あやま)ちを容(ゆる)すことはず。

字通「面」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android