コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面明(か)り ツラアカリ

デジタル大辞泉の解説

つら‐あかり【面明(か)り】

差し出し3」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の面明(か)りの言及

【歌舞伎】より

…2人の後見が前後から差し出して照らす。別名〈面(つら)明り〉。現代でも古風な演出に使う。…

【舞台照明】より


[舞台照明の役割とその歴史]
 舞台照明とは光をもって劇芸術の創造に参加することをいう。劇芸術には,演技者,音楽家,舞踊家など,舞台に出演する人たちのほかに,舞台装置,舞台照明,舞台衣裳,音響効果など,スタッフとよばれるさまざまな仕事がある。作家や画家のような個人芸術家とちがって,ふつうこのようなスタッフはすべて演出家の意図を実現するために協同して仕事をしなければならない。日本の伝統芸能(歌舞伎,能)のように演出家がいない場合は,歴史と経験のなかで練磨された伝承のやり方に従い,個々のスタッフがばらばらに,恣意的な創意を加えるべきではないだろう。…

※「面明(か)り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

面明(か)りの関連キーワード歌舞伎の用語フットライト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android