コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮立 フリュウ

3件 の用語解説(浮立の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐りゅう〔‐リフ〕【浮立】

佐賀県を中心に分布する風流(ふりゅう)系の民俗芸能。太鼓や鉦(かね)を打ち鳴らして、集団で踊るものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

浮立(ふりゅう)

佐賀県佐賀市、栄城堂が製造・販売する銘菓。小豆と栗が入ったカステラ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮立
ふりゅう

風流(ふりゅう)系の民俗芸能。太鼓を中心に構成され、佐賀県を中心に福岡県、長崎県に分布し、田楽(でんがく)と念仏踊の要素が多分に認められる。太鼓は大太鼓のほかに締太鼓(しめだいこ)も重要な楽器で、ほかに笛、鉦(かね)、簓(ささら)が加わる。土地によってくふうの違い、主とする楽器の違いもあり、鉦浮立、皮(かわ)浮立、面(めん)浮立、獅子(しし)浮立、行列浮立、踊浮立、舞浮立、玄蕃流(げんばりゅう)浮立、天衝舞(てんつくみゃー)浮立、狂言浮立、念仏浮立などさまざまな呼称がある。面浮立は浮立のなかでもっとも佐賀らしい特色があり、とくに鹿島(かしま)市七浦(ななうら)町音成(おとなし)の面浮立は知られている。鬼面をかぶり腹につるした羯鼓(かっこ)を打ちながら勇壮に踊る。大太鼓を中心に据えて、これを打ちながら演ずる浮立に踊浮立と玄蕃流浮立がある。武雄(たけお)の荒踊(あらおどり)は佐賀県武雄市近辺に伝わる浮立の一種で、重要無形民俗文化財に指定されている。群舞形式の点は面浮立に似ているが面はつけず、華やかな胴衣に化粧回し風の前垂れを着け、長刀を腰に手ぶり足踏みも勇ましく踊る。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浮立の言及

【風流】より

…ただ民俗の心意伝承の中に,人に害をなす悪霊や疫神を追い払うにあたり,華やかに飾りたてた神座(神籬(ひもろぎ))を設けてそこに迎え,笛や太鼓で囃したてて生活圏外に追い出すという思想があり,風流系の芸能が広く伝播(でんぱ)する背景ともなっている。佐賀,長崎,福岡の3県には〈浮立(ふりゆう)〉と呼ばれる芸能が分布するが,これも風流の当て字で,鬼面の者や仮装の者が笛・太鼓・大小鼓・鉦などで囃されて踊る芸態は,一種の囃子物といえよう。囃子物風流踊【天野 文雄】【山路 興造】。…

【面浮立】より

…佐賀県地方に分布する風流(ふりゆう)踊の一種。肥前国一帯には大太鼓を中心に締太鼓,大鉦(おおがね),笛,鼓などで囃しながら,華やかな装束や仮面をつけた一行が道行(みちゆき)する民俗芸能が伝承され,〈浮立〉の名で呼ばれる。浮立は風流の当て字と思われる。…

※「浮立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浮立の関連キーワード風流傘風流車風流人風流・浮立没風流白砂台地無風流佐賀県佐賀市金立町金立佐賀県佐賀市金立町千布面浮立

浮立の関連情報