コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革緒の太刀 カワオノタチ

デジタル大辞泉の解説

かわお‐の‐たち〔かはを‐〕【革緒の太刀】

太刀の帯に平緒でなく革緒を用いた、兵仗(ひょうじょう)の太刀公家野太刀。非常の場合や遠行の際に、自衛のために佩用(はいよう)した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわおのたち【革緒の太刀】

平安時代、武官が着用した太刀。平緒を用いず、革緒を用いたからいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の革緒の太刀の言及

【太刀】より

…兵仗は柄を毛抜形にすかしたのが特色で,衛府(えふ)の武官の常用として衛府(よう)の太刀といい,公卿も非常の際の実用としてこれを野太刀(のだち)ともいった。また儀仗用の太刀の緒の平緒(ひらお)に対して,兵仗用は革緒(かわお)を用いるので革緒の太刀ともいった。鎌倉時代になって武士は柄,鞘,金具をすべて黒塗りとした黒漆(こくしつ)の太刀,その足金物だけを銀とした足白(あしじろ)の太刀,柄,鞘にかけて覆輪(ふくりん)をかけた長(なが)覆輪の太刀,兵具(ひようぐ)用の鋂(くさり)を使用した兵具鋂の太刀,薄金(うすがね)をらせんに巻いた蛭巻(ひるまき)の太刀,籐(とう)を巻いた籐巻の太刀などを用いて,衛府の太刀はまったく儀仗化した。…

※「革緒の太刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

革緒の太刀の関連キーワード毛抜き形の太刀衛府の太刀平安時代武官

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android