コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓江 かんこう

4件 の用語解説(韓江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓江
かんこう

「ハン (韓) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐こう〔‐カウ〕【韓江】

中国広東省東部の川。大埔(だいほ)県で汀江・梅江などが合流し、汕頭(スワトー)付近で南シナ海に注ぐ。長さ227キロ。ハンチァン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんこう【韓江】

中国、広東省東部にある河川。福建省の長汀の北方に源を発し、南流して汕頭付近で南シナ海に注ぐ。長さ227キロメートル。ハン-チアン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓江
かんこう / ハンチヤン

中国南東部、広東(カントン)省東部を流れる川。全長410キロメートル。源流は武夷(ぶい/ウーイー)山脈に発する汀江(ていこう)と、蓮花(れんか)山に発する梅江(ばいこう)の2流があり、大埔(だいほ)県の三河で合流したのち韓江と称し、汕頭(スワトウ)市で南シナ海に注ぐ。梅江沿岸に梅県盆地、下流には韓江デルタを形成する。なお、韓江デルタ、榕江(ようこう)平原、練江下流平原をあわせた面積約1200平方キロメートルの潮汕(ちょうせん)平原は省内第二の平野で、米、サトウキビを産する。梅江に臨む五華県の水寨鎮(すいさいちん)まで小汽船が航行する。この川はもと悪渓とよばれていたが、のち詩人としても有名な韓愈(かんゆ)(韓退之)の名をとって韓江とよばれるようになった。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓江の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韓江の関連情報