韓江(読み)かんこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「韓江」の解説

韓江
かんこう / ハンチヤン

中国南東部、広東(カントン)省東部を流れる川。全長410キロメートル。源流は武夷(ぶい/ウーイー)山脈に発する汀江(ていこう)と、蓮花(れんか)山に発する梅江(ばいこう)の2流があり、大埔(だいほ)県の三河壩で合流したのち韓江と称し、汕頭(スワトウ)市で南シナ海に注ぐ。梅江沿岸に梅県盆地、下流には韓江デルタを形成する。なお、韓江デルタ、榕江(ようこう)平原、練江下流平原をあわせた面積約1200平方キロメートルの潮汕(ちょうせん)平原は省内第二の平野で、米、サトウキビを産する。梅江に臨む五華県の水寨鎮(すいさいちん)まで小汽船が航行する。この川はもと悪渓とよばれていたが、のち詩人としても有名な韓愈(かんゆ)(韓退之)の名をとって韓江とよばれるようになった。

[青木千枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「韓江」の解説

かん‐こう〔‐カウ〕【韓江】

中国広東省東部の川。大埔(だいほ)県で汀江・梅江などが合流し、汕頭(スワトー)付近で南シナ海に注ぐ。長さ227キロ。ハンチァン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android