コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音江遺跡 おとえいせき

世界大百科事典 第2版の解説

おとえいせき【音江遺跡】

北海道,石狩川中流域,深川市字音江の標高110mの稲見山の北斜面にある遺跡。ストーン・サークルの一種といわれる立石をめぐらした遺構と,尾根を削平した際にできたと思われるコの字状土塁をもつ遺構の2種がある。1951‐52年の調査により,縄文時代中期中葉の墳墓であることが判明した。立石をめぐらしたものは10基ある。それぞれの直径は約7~8mで,その内側に積石をもつ,径1~2m,深さ約1mの隅丸方形に近い円形の墓壙がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

音江遺跡の関連キーワードストーン・サークル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android