音色旋律(読み)おんしょくせんりつ(英語表記)Klangfarbenmelodie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音色旋律
おんしょくせんりつ
Klangfarbenmelodie

シェーンベルクの『和声学』 (1911) に提唱された概念で,音の高さの変化による従来の旋律概念に相対するものとして,音色の変化を要素とする旋律。シェーンベルクみずから,作品 16『5つの管弦楽曲』の第3曲で試み,さらに作品 10『管弦楽のための5つの小品』などで追求,第2次世界大戦後のセリー音楽へとつながる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音色旋律の関連情報