コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音色旋律 おんしょくせんりつKlangfarbenmelodie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音色旋律
おんしょくせんりつ
Klangfarbenmelodie

シェーンベルクの『和声学』 (1911) に提唱された概念で,音の高さの変化による従来の旋律概念に相対するものとして,音色の変化を要素とする旋律。シェーンベルクみずから,作品 16『5つの管弦楽曲』の第3曲で試み,さらに作品 10『管弦楽のための5つの小品』などで追求,第2次世界大戦後のセリー音楽へとつながる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

音色旋律の関連キーワード牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥(しんがい)革命