音響測深法(読み)おんきょうそくしんほう(英語表記)echo-sounding system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響測深法
おんきょうそくしんほう
echo-sounding system

水深を測定するのに最も多く使われている方法。海面で発射した音波が海底で反射し,再び海面まで戻ってくるまでの時間と,音波が海中を伝わる速度 (約 1500m/s) から,水深を決定する方法。現在の音響測深機は,超音波 (13~200kHz) を使って,これらの作業を自動的に行い,測定した水深がそのまま読取れるようになっている。しかし最近では,臨海工業地帯や柔らかい地盤の水域だと,掘ったあとにヘドロなどがたまり,使用する音響測深機の超音波数の違いによって,記録される深さに違いが出てくるという問題が生じている。このほかに液面測定などに使われる小規模な装置がある。 (→液面計 , ソーナー )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android