順列(読み)じゅんれつ

百科事典マイペディアの解説

順列【じゅんれつ】

異なる数個のものを順序づけて一列に並べる並べ方の一つ一つをいう。n個からr個とる順列(n個のものからr個選んで得られる順列)の数を(/n)P(/r)と書く。(式1)ここで!は階乗の記号。また,n種のものからr個選んで得られる重複順列とは重複をゆるすので,(式2)となる。さらに,n個の異なるものをn個円周にそって並べた円順列の数は,一つの並べ方を周にそって位置をずらしていくことでn通りの同じ並べ方が得られるので,(式3)となる。
→関連項目組合せ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

順列

n個の中から、r個を順番に取り出して並べる総数のこと。「nPr」と表す。計算式は、「nPr=n!/(n-r)!」。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐れつ【順列】

〘名〙
① 順序よくならべること。
※小学教則(1872)「生徒残らず順列に並ばせ」
② 与えられたいくつかのものの中から、一定個数のものを取り出し、一列に並べる並べ方の一つ一つ。n個のものからr個取り出して得られる順列を、n個のものからr個取った順列、またはn個のもののr順列という。n個のものからr個取った順列の総数は nPr と表わされ、nPr=n(n-1)(n-2)……(n-r+1) である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐れつ【順列】

順序に従って並べること。
数学で、n個のものからr個を取り出し、順序を決めて1列に並べたもの。その総数をnPrで表すと、nPrnn-1)(n-2)…(nr+1)となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android