須弥山説(読み)しゅみせんせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須弥山説
しゅみせんせつ

古代インドのジャイナ教において発生した宇宙論。サンスクリット語でメールないしスメールといわれ、仏教とともに中国を経由し、日本には空海によってもたらされた。中央に須弥山(ヒマラヤにあたる)があり、その周りに日月諸惑星が巡る、というインドの地勢に起源する天動地平説である。須弥山とその周りの七金山および最外側の鉄囲山(てっちせん)とをあわせて九山といい、その各山の間に海を挟んで、九山八海の宇宙を構成する。日本では19世紀にヨーロッパの宇宙論の伝播(でんぱ)に抗して、僧円通を中心として須弥山説に拠(よ)って仏教の宇宙観を普及しようとする梵暦運動がおきた。なお、漢訳経典では意訳して妙高山(みょうこうせん)、妙光山などとよぶ。[中山 茂]
『岩田慶治監修『アジアのコスモス マンダラ』(1982・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android