須永甫(読み)すなが はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須永甫 すなが-はじめ

1901- 大正-昭和時代の社会運動家。
明治34年8月17日生まれ。郷里の埼玉県行田(ぎょうだ)で農民運動などに参加し,大正15年評議会埼玉足袋(たび)労働組合結成。昭和3年共産党に入党,翌年日本大衆党埼玉県連の結成にくわわり,同年の四・一六事件で検挙され懲役3年6ヵ月。戦後,共産党埼玉県委員会の初代委員長。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android